CBD解説(入門編)

CBD(カンナビジオール)という成分の元は麻という種類の植物です。

大昔から世界中に自生している、雑草みたいなイメージでいいと思います。

 

繁殖力と成長力が強いので、すぐに竹みたいに大きくなります。

なので、子供も麻の様に力強く成長して欲しいという願いを込めて、

産着に麻模様のデザインがされる様になりました。

 

法律で取り締まられている大麻も麻という植物ですので、

戦後の日本では徹底して伐採される様になりました。

 

しかし、元が雑草みたいな生命力を持っているので、

山岳部や北海道の様に広い原野ではあちこちで自然発生しています。

 

そもそも雑草が規制される原因とは何かと言いますと、

THC(テトラヒドロカンナビノール)という成分に陶酔作用があるからで、

現行の法律でも、『その成分が含まれている部分だけはだめ』と決められています。

 

うどんに入れる一味・七味の黒いゴマみたいなものは、

実は麻の実だったりします。

 

神社で神主さんが振っているわさわさした棒も本物は麻の繊維ですし、

しめなわや相撲の化粧まわしも麻の繊維ですので、

天皇陛下が伊勢神宮で神事を執り行う為には必須のものです。

 

困った事に、CBDが多く抽出される葉や穂の部分が規制されているのですが、

THCとCBDをうまく分けて取り出す技術が進んできて、最近製品化されているのです。

 

この様な理由で、最近では大麻解禁運動をしている人も多いのですが、

CBDとTHCを分けて考える必要があり、ちゃんと、効果・効能を知っている人が、

その人の症状に合わせて処方していくのが健全だと思います。

 

アメリカでは、現在医師が処方しており、市販薬として出回る一歩手前まで来ています。

それと同時に、製薬会社の売上げは激減してきています。

 

日本もそうなればいいのですが、政府も厚労省も支援者を裏切る事ができないので、

アメリカの様にはなりそうにありません。

 

対症療法で根治しない治療にしか保険が使えない日本のシステムを、

根底から変えていく必要があると思うのです。